国際的潮流を踏まえた認知症対策に関するエビデンス創出のための基盤に関する動向調査

顧客:
日本医療研究開発機構

内容:
認知症対策の提供者(企業・介護事業者・自治体・研究機関等)のエビデンス創出に関する戦略を分析し、エビデンス創出への促進・阻害要因を検討した。また、近年認知症対策で重要と考えられている視点(例:dementia-friendly 概念、権利ベースのアプローチ、研究における当事者参画、製品・サービス等の開発段階からの当事者参画、意思決定支援の視点など)を整理し、今後の認知症対策と関わりについて検討した。

2020年04月14日

TagCloud
このページの先頭へ戻る